下取りよりも買取に

求められる市場での価値

模型

工事現場で活躍するダンプカーは世界中で進むインフラ工事や建設作業現場で必要不可欠なアイテムとなります。
日本で大型土木工事の請負はゼネコンが行い、多くの下請け業者に各部門の作業を委託します。
ダンプカーは土砂等の運搬を行うのですが、フリーランスの運転手も多く、車両の購入費用は大きな負担となります。
過酷な作業現場で大量の土砂の運搬をするも、十分な耐久性を持つように生産されています。
エンジンはディーゼルエンジンで大型の排気量でトルクとパワーがあります。
工事現場での土砂搬送をメインとし、年間走行距離が多くなる傾向があります。
10年使用したダンプカーで30万キロを超過したという車両も多いでしょう。
買い替えを検討するも、大型ダンプカーの場合、車両価格が1000万円を超える車両も多いので、ローンを組んで購入するドライバーも多いようです。
大抵は購入する販売店で下取り査定を行い、追い金分のローンを組むケースが多いでしょうが、下取りに出す前に大型車の買取店に査定依頼してみましょう。
通常の買取専門店ではなく、トラック・重機等の買取を専門とする業者です。
業者は、再販ルートを確立しており、そのルートは国内以外に海外ルートも持っています。
海外でもとくに新興国のルートが多く、20万キロから30万キロ超過のダンプカーでも高値で流通します。
とくに日本製のダンプカーは高耐久なため、新興国での中古人気は高いです。
大型車両の買取業者も全国に複数存在しますので、できるだけ多くの業者に査定見積もりを依頼しましょう。
高額査定を出した業者同士を競合させ、個別に交渉を行えば下取りと比べるとかなりの高値が引き出せます。
今まで乗っていたダンプカーが高く売れれば、ローン残高を圧縮することが可能でしょう。

メンテナンスが重要です

ダンプカー

三転ダンプは中古車市場においてとても人気があります。
荷台が上部に持ち上がることにくわえ左右にも角度をコントロールしながら傾けることができるなど、作業場所を選ばない汎用性の高さが人気の要因となっています。
三転ダンプの売却相場価格はおおよそ100万円前後です。
もちろん新車に近いほど高値がつくのは言うまでもありませんが、年式が古く走行距離が多くても大切に管理されてきた三転ダンプであれば相場よりも高値がつきます。
買取専門店で高く売却するためにはちょっとしたポイントがあります。
そのポイントとは査定を受ける前にしっかりとメンテナンスをすることです。
言うまでもありませんが買取専門店に引き取られた三転ダンプは、再び販売されて新しい所有者の下で業務を行うことになります。
そのため査定では車の状態が厳しくチェックされるため、事前にメンテナンスを行っておくことが買取金額に大きな影響を及ぼすのです。
三転ダンプのメンテナンスでは可動部分をよくチェックしましょう。
とくにダンプアップを行うホイスシリンダーは細かくチェックされるので、オイル漏れなどがある場合は可能な範囲でオーバーホールを行っておきましょう。
また三転ダンプのシャシーや足回りのチェックも重要です。
悪路での使用も多い三転ダンプの下周りは想像以上にダメージが溜まっています。
とくにシャシーやホイールの裏側にサビが生じている場合は、査定額が大きく下がる要因となるので査定を受ける前にしっかりとサビを落としておきましょう。
このようなメンテナンスを施してから査定を受ければ、何もしない状態よりも高額査定を期待することができます。

大型車両の買い取り

模型

工事現場への搬送で活躍する大型車両のダンプですが、会社にとってはお荷物になることがあります。
処分を検討することもどうしても出てきます。
そのようなときには、なるべく高く買い取りをしてもらえることを第一に考えましょう。
もはや必要がなくなりからといって販売店に処分を依頼すると、反対に高額な解体費用を請求されることにもなりかねません。
たとえ中古のダンプで、見た目には傷があったり汚れがこびりついていてさほど価値がないようでも、最も大切なのは現場で使えるかどうかということです。
特にダンプの買い取り業者は、国内はもちろん海外にも販路を持っていることが多いです。
そのため、中古のダンプでもまだまだ価値を見いだしてくれます。
そこで査定を受けてより高値で手放すことにしましょう。
一社の査定で決めなくとも、複数の業者の見積もりを比較して高く売れそうなところと交渉を進めるといいでしょう。
そのためにも、ダンプを一括で査定してくれるWebサイトを活用するととても便利です。
納得できる金額を提示してきた業者には、こちらから足を運ばなくとも先方から出向いてもらって買い取りの交渉ができるので、時間のロスもありません。
ただ現物のダンプを見ながらの買い取り交渉になると、走行距離や性能といった本来の価値だけでなく、見た目の美しさも評価されます。
現物を査定されるまでに可能な限り美しくしておくことで、印象を高めることができ、買い取り価格にも反映させることができます。